備前焼・古備前焼・骨董品・古伊万里・他 古美術品 販売店
備前焼の城南骨董
通販のみで、買い取りは一切いたしておりません。

現代作家の備前焼以外の陶器もあります。
小野具定 『漁夫』 銅版画 
小野具定
 
絵のみのサイズ幅約540mm×高さ約405mm
 額付
材質銅版画
その他

1977年100枚刷 A.P = アーティストプルーフ


商品番号:768
商品名:小野具定 『漁夫』 銅版画
価格:20,000円
在庫:在庫あり
 
 
小野 具定 Gutei Ono
大正3年 山口県に生まれる。東京美術学校(現、東京芸術大学)卒業。現在、創画会会員。 
漁村や漁師を題材に描き続け、多くの美術館に所蔵されている日本画の作家。
創画会会員として活躍し、東北や北海道の冬の漁村を題材にした原風景的なイメージの世界を展開した作家。
 
文部科学省、東京国立近代美術館、東京都近代美術館、山種美術館、柏わたくし美術館、
練馬区立美術館、栃木県立美術館、諏訪市美術館、富山県立美術館、北九州市立美術館、他
 
1938年 大日美術院第2回展に出品、入選。
1939年 東京美術学校日本画科卒業。
1947年 野田町立野田中学校教諭となる。児玉希望に師事。
1954年 新制作協会展入選(5年連続入選)。
1958年 柏市立柏第二中学校教諭となる。
1959年 柏市立柏第二中学校退職。
1960年 新制作協会展入選(以後多回数入選)。
1967年 第3回新制作展「北辺」が文部省に買上げ。
1971年 第1回山種美術館賞展で「捨てた場所」が同美術館買上げ。
1974年 創画会を結成し創画会会員となる。
1975年 日本テレビ「美の世界」に生活のある風景・小野具定が放送される。
1979年 NHK教育テレビ「文化シリーズ・美をさぐる」に冬の海を描く積丹の漁師たちが放送される。
1986年 講談社から「小野具定画集」が出版される。
1995年 NHK教育テレビ「土曜美の朝」に小野具定が放送される。
1999年 芸術選奨文部大臣賞受賞、下関市芸術文化振興奨励特別賞受賞。
2000年 5月17日逝去。
 
 
 
雁皮というのは雁皮紙(がんぴし)というジンチョウゲ科の植物である雁皮から作られる和紙ことで、
通常であれば版画用の厚手の紙に印刷するところを、
雁皮紙に印刷する(さらにそれを厚手の紙に貼り付ける)というのが雁皮刷りである。
刷り上がった状態で、通常の版画用の紙の上に雁皮紙が載っており、そこに絵が印刷されることになる。
 
 
ガラス映り込あり
銅版画
 

  



城南備前は
個人コレクション放出品の為、買取はいたしておりません
販売のみとなります

ネット通販のみです、
店舗はございません。
実物を見てから購入したいかたは、完全予約にて、
こちらにお越しになって実物を見てお決めになる事は可能です。


お電話の受付時間
9時~23時

メール24時間受付

古備前焼きは、
備前焼の初期のもの
(桃山時代以前の物)をさしますが、
ここでは大正期以前の物を
古備前焼きと表示致します。
 
 
 
  
 
  花瓶 総合

 

 
  湯呑 総合

 

 3,000円以下

 

 1,000円

 

備前焼ぐい呑
シクレットセール6月30迄

 

 

 
  
 
 
 
 倉庫移転後の追加情報
古伊万里7点・絵4点追加
志野4点・備前22・他36点追加
木彫20点追加
2月10
版画3点・リトグラフ2点・油絵1点・水彩画1点・他2点追加しました。
2月17
絵画・版画10点追加しました 
2月21
絵画・版画9点追加しました
3月16
絵画関係6点追加しました 
3月25
色紙絵追加しました
4月5
ガラス関係25点追加しました 

 

アクセス人数ランク5月

1   2   3   4   5
   6   7  8   9  10