水野年方 紅辨白葩 木版画

 
備前焼・古備前焼・骨董品・古伊万里・他 古美術品 販売店
備前焼の城南骨董
通販のみで、買い取りは一切いたしておりません。

現代作家の備前焼以外の陶器もあります。
水野年方 紅辨白葩 木版画
水野年方
絵のみのサイズ幅約242mm×高さ約362mm
 極小シミあり
材質木版画
その他明治期
 
商品番号:639
商品名:水野年方 紅辨白葩 木版画
価格:18,000円
在庫:在庫あり
  

 
 
水野 年方
(みずの としかた、慶応2年1月20日(1866年3月6日) - 明治41年(1908年)4月7日)は、
明治時代の日本画家、浮世絵 (歌川派)
明治20年やまと新聞挿絵担当。初期美術院評議員審査員。
年方のこのような活動は、浮世絵師が時代とともに町絵師から芸術家へと変わりゆく時代を示すものであった。
享年43。死因は、当時の訃報記事では脳疾患と書かれているが、過労とも言われる。
門下から鏑木清方、池田輝方、榊原蕉園らの美人画家の他、小山光方、竹田敬方、大野静方、荒井寛方らの画家を輩出した。
また後妻の水野秀方も年方に師事し、日本画家として活躍している。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
  



城南備前は
個人コレクション放出品の為、買取はいたしておりません
販売のみとなります

ネット通販のみです、
店舗はございません。
実物を見てから購入したいかたは、完全予約にて、
こちらにお越しになって実物を見てお決めになる事は可能です。


お電話の受付時間
9時~23時

メール24時間受付

古備前焼きは、
備前焼の初期のもの
(桃山時代以前の物)をさしますが、
ここでは大正期以前の物を
古備前焼きと表示致します。
 
 
 
 
 
  
 
  花瓶 総合

 

  湯呑 総合