鳥居言人 版画販売

 
備前焼・古備前焼・骨董品・古伊万里・他 古美術品 販売店
備前焼の城南骨董
通販のみで、買い取りは一切いたしておりません。

現代作家の備前焼以外の陶器もあります。
鳥居言人 おぼろ春 木版画
鳥居言人 おぼろ春 木版画
絵のみのサイズ幅約257mm×高さ約410mm
  
材質木版画
その他 
 
商品番号:647
商品名:鳥居言人 おぼろ春 木版画
価格:
在庫:sold out
  
 
 
鳥居言人(清忠)
1900(明治33)~1976(昭和51)
東京・日本橋に生まれる。本名・信。鳥居派八代目清忠。言人、雅彦、清信、清忠(五世)と4度号を変える。
父七代目清忠四世に歌舞伎座の絵看板などの鳥居派の技法、小堀鞆音に大和絵、鏑木清方に美人画を学ぶ。
15歳の頃より言人の号で「演劇画報」に挿絵を描く。
鳥居派の仕事をしながら言人号で多くの美人画肉筆を制作。
昭和4年鳥居派八代目を継承。
この頃より昭和10年頃にわたり風俗美人版画を酒井・川口、池田より出版舞台美術家、美術考証家として
映画、テレビで活躍。
昭和27年に日展に美人画肉筆が入選。
昭和41~47年日本大学で舞台美術を教える。




  



城南備前は
個人コレクション放出品の為、買取はいたしておりません
販売のみとなります

ネット通販のみです、
店舗はございません。
実物を見てから購入したいかたは、完全予約にて、
こちらにお越しになって実物を見てお決めになる事は可能です。


お電話の受付時間
9時~23時

メール24時間受付

古備前焼きは、
備前焼の初期のもの
(桃山時代以前の物)をさしますが、
ここでは大正期以前の物を
古備前焼きと表示致します。
 
 
 
  
 
  花瓶 総合

 

 
  湯呑 総合

 

 3,000円以下

 

 1,000円